不要品回収

\不要品回収ならココ!/

トップページ

不要品・大型ごみ・粗大ごみ・廃品にお困りの方はいませんか?

都合よく不要品回収車が自宅周辺にやってきてくれればよいのですが、タイミングが合わずなかなか出せないという人もいるでしょうし、 無料というアナウンスをしていた不要品回収車に処理代を請求され、利用を躊躇してしまっている人もいるのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめなのが、不要品回収の無料見積もりです。

不要品回収の無料見積もりを利用すれば、処分費用がいくらになるのか明確にわかりますし、自分の都合のよい日時に引き取りに来てもらえます。

また、比較をしてみることで格安で回収に来てくれる業者や、無料で回収してくれる業者がみつかる可能性がありますので、不要品にお困りの方はまずは不要品回収業者に無料見積もりを依頼することをおすすめします。

不要品回収業者の選びかた

安全かつお得に不要品回収業者を探すにはいくつかポイントがあります。

  • きちんと見積もりをしてくれる
  • 料金体系をしっかり明示してくれる
  • 電話・メールでの対応が丁寧
  • 質問にもきちんと回答してくれる
  • お店の情報を開示している
  • 無理のない対応方法を提案してくれる

これらのポイントを複数クリアしている業者がおすすめです。

まとめて処分したい方はネットでのお申込みがお得!

引っ越しや遺品整理、オフィスの移転など、不要品・大型ごみ・粗大ごみ・廃品をまとめて処分したい場合には、ネットで査定してもらうのがおすすめです。

数点であれば地域を巡回している不要品回収車でも十分かもしれませんが、やはり量が多くなると1度に回収しきれない可能性がありますし、高額な処分費用を請求される恐れもあります。

事前に見積もりを出してもらうことで料金も明確です。

複数の業者を比較することで処分費用を安くすることもできますので、まずは無料見積もりをお申し込みください。

不要品・大型ごみ・粗大ごみ・廃品を買い取ってくれる?

不要品・大型ごみ・粗大ごみ・廃品を処分するにはお金がかかる、条件が合えば無料で引き取ってもらえる という風に思われている方が大半かと思いますが、業者の中には買取(リユース)にも対応している業者もあるということをご存知ですか?

完全に破損しているものや、衛生上再利用が難しいもの(下着等)、汚れが酷いものなどは買取不可になる場合が多いのですが、最新の家電や、輸入家具、楽器、ベビー用品などは市場価値が高くニーズもあるので高価買取の対象になります。

これらの不要品を処分しようと考えている方は、買取も視野にいれてみることもおすすめします。

行政からの注意喚起

複数の市区町村で悪質な不要品回収について以下のような注意喚起が発表されています。

八王子市

「平成25年4月、複数の市民宅に、八王子市役所職員の名をかたる者が「粗大ごみはありませんか?」等、訪問する事例が発生しています。市役所職員やその代理の者が、「粗大ごみで出すものなどありませんか?」というような訪問をすることはありません。このような訪問を受けた場合は、多額の請求をされたり、振り込め詐欺などの被害が発生する恐れもありますので、十分ご注意ください。」

引用先:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/gomi/001/001/p002577.html

流山市

「最近、トラックなどで市内を回って無料で家電等不用品を回収したり、不用品の無料回収のチラシを配布している業者が見受けられます。これらの業者は、家庭ごみを収集するための許可を得ていない場合がほとんどです。 無料をうたっていても後から高額な料金を請求されたり、海外への不適正処理をしているなどのトラブルが発生しています。安易に依頼するとトラブルや不法投棄の元になる可能性がありますので、十分に注意してください。」

引用先:http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/1002401/1002403/1002414.html

流山市では事例なども紹介されておりますので、詳しくは流山市のHPをご参照ください。

※上記はほんの一例です。

悪質な不要品回収業者の被害が多発しており、各市町村等で注意喚起が行われています。

安心かつ安全に不要品を処分するには、ネットで評価の高い不要品回収業を利用するのが最も安全と言えるでしょう。

\不要品回収ならココ!/

不要品回収業者を一括比較!
利用料会員登録対応地域
無料不要全国
  • 査定依頼は無料で簡単!2分で完了!
  • サイト利用料無料&会員登録不要!
  • 最大5社に一括無料査定!
  • 安心・信頼の業者が多数登録!
  • 成約ボーナスプレゼント中!

あなたにぴったりの不要品回収業者を一括比較

不要品回収を依頼するときに1番気になることは料金だと思います。
エコノバなら複数社まとめて一括比較することができるため、個別に見積もりを出す手間がかかりませんし、値段の比較がしやすいというメリットがあります。

会員登録不要

引っ越しや遺品整理は処分するものが多く、処分費用が嵩みがちになりますね。そんな時はエコノバで一括比較がおすすめです。
エコノバは会員登録をする必要がありませんし利用料もかからないので、手軽に一括比較することができます。

【回収可能商品一覧】

家電製品・楽器類など
エアコン、エアコン(業務用)、プラズマテレビ、液晶テレビ、エレキギター、エレクトーン、ピアノ、電子ピアノ、オーディオ、アンプ類、スピーカー類、オイルヒーター、カラオケ機器、加湿器、除湿機、乾燥機、食器乾燥機、キーボード、給湯器、空気清浄機、ゲーム機、コンポ、コタツ、炊飯器、ストーブ、洗濯機、冷蔵庫、扇風機、掃除機、電子レンジ、DVDプレーヤー、生ゴミ処理機、パソコン、パソコンモニター、ノートパソコン、プリンター、ハロゲンヒーター、パチンコ台、スロット台、ビデオデッキ、デジカメ、ホットカーペット、マッサージチェア、ミシン、ラジカセ など。

家具類など
椅子、机、学習机、サイドボード、食器棚、洗面棚、本棚、タンス類、ソファ、AV台、テーブル、化粧台、パソコンラック、ベッド、アイロン台、仏壇、台所家具、ストッカー、整理棚 など。

一般生活用品・オフィス用品など
カーペット、じゅうたん、衣装ケース、カーテン、観葉植物、キャリア、金庫、健康器具、バイク、自転車、スポーツ用品、ぬいぐるみ、人形、骨董品、ゲーム類、ペット用品、タイヤ、チャイルドシート、ハンガーラック、布団、ベビーカー、ベッドマット、マージャン卓、食器類、物干し竿、ガーデニング用品、DIY用品、工具類、教材、ランドセル、かばん、パーテーション類、オフィス用品全般、オフィス家具全般 など。


年間30000件以上の出動実績!
基本料出張料金対応地域
無料0円全国
  • 相談・出張費・見積もり無料!
  • 満足度93%以上!
  • 有名企業との取引も数多く実現!
  • 夜間対応可能!

人気ランキング1位

ECOクリーンはトラブル解決サイト総合比較案内所 不要品部門で人気ランキングで1位を獲得しています。
値段の安さ、スタッフの対応、対応の早さ等が高い評価につながっています。

最短30分で急行

ECOクリーンは拠点数が1000箇所以上あり、担当エリアを常に巡回しているため、最短30分で急行することも可能です。

【回収可能商品一覧】

ゴミ袋・ビン・缶、雑誌の山、テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、暖房機器、電子レンジ、タンス、ベッド、ソファ、家具、ピアノ、キーボード、楽器、パソコン、プリンター、自転車 など。


パソコンを処分するなら!
利用料宅配料金対応地域
無料着払無料全国
  • 着払い送料無料!
  • 処分費用無料!
  • 故障したパソコンも無料引取り!
  • BTOパソコン・自作パソコンも処分可能!
  • キーボードやマウスもまとめて処分!

パソコン以外の不要品も引き取り可能

パソコンダストではパソコン関連を中心に不要品回収を行っていますが、ラジカセやデジカメなどの家電製品やコスメ、文房具、食器などの雑貨も取扱い商品となっています。
パソコンを中心とする6ジャンル以外は送料お客様負担(有料)となるほか、冷蔵庫や洗濯機などは回収していませんので、事前にご確認・お問い合わせください。

出張回収サービス

パソコンダストでは着払いで送付し引き取ってもらうのが一般的な流れですが、対象品目15台以上あり、東京都内(一部エリア)であれば出張回収サービスも行っています。
パソコンを大量に処分しなければいけない場合等、出張回収サービスをご希望の場合は事前にお問い合わせください。

【回収可能商品一覧】

パソコン・周辺機器
デスクトップ・ノートパソコン、液晶モニター、プリンタ・スキャナ、パソコンパーツ・電子基板、パソコン関連機器、ワープロ など。

家具類など
椅子、机、学習机、サイドボード、食器棚、洗面棚、本棚、タンス類、ソファ、AV台、テーブル、化粧台、パソコンラック、ベッド、アイロン台、仏壇、台所家具、ストッカー、整理棚 など。

一般生活用品・オフィス用品など
カーペット、じゅうたん、衣装ケース、カーテン、観葉植物、キャリア、金庫、健康器具、バイク、自転車、スポーツ用品、ぬいぐるみ、人形、骨董品、ゲーム類、ペット用品、タイヤ、チャイルドシート、ハンガーラック、布団、ベビーカー、ベッドマット、マージャン卓、食器類、物干し竿、ガーデニング用品、DIY用品、工具類、教材、ランドセル、かばん、パーテーション類、オフィス用品全般、オフィス家具全般 など。

まとめ

不要品回収といえばココ!安心してお任せできる不要品回収業者をご紹介します。

はじめての不要品回収Q&A

不要品回収を利用してみたいけど、費用はどれくらいかかるのかな?申し込みは簡単かな?と様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここでは不要品回収に関する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.見積もりや相談に費用は発生しますか?

A.いいえ

見積もりや相談は無料としている不要品回収業者が大半です。

Q.依頼が成立しなかった場合見積もり費用は請求されますか?

A.いいえ

見積もり無料の不要品回収業者が大半ですが、念のため事前に確認しておくことをおすすめします。

Q.エコノバ等、一括見積依頼サイトは、仲介や交渉を行ってくれるのですか?

A.いいえ

一括見積依頼サイトは、ユーザーと不要品回収業者を繋げることが主な役割となっているため個々の見積もりや交渉は代行してくれません。

Q.エレベーターが無い建物ですが、不要品回収は可能ですか?

A.はい

エレベーターの有無に関わらず不要品回収を行っている不要品回収業者が大半ですが、別途運搬費用を設定している業者もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

Q.故障していても引き取ってもらえますか?

A.はい

故障品でも回収してくれる不要品回収業者が大半です。

Q.不要品が1点なのですが、不要品回収業者に来てもらうことはできますか?

A.はい

不用品が1点でも回収に来てくれる不要品回収業者が大半です。

Q.全国どこでも不要品回収に来てくれるのですか?

A.エリアによって異なります

不要品回収業者によって回収エリアが異なりますので、お住まいの地域が対応しているか不要品回収業者にご確認ください。

Q.近くに不要品回収業者がないのですが、来てもらうことは可能ですか?

A.エリアによって異なります

不要品回収業者によって回収エリアが異なりますので、最寄の不要品回収業者にお問い合わせください。

Q.家電リサイクル法とは何ですか?

A.家庭用のエアコン、テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機のリサイクルを義務付けた法律です。
平成13年4月1日に施行されました。処分するのに、リサイクル料金が発生します。
家電小売店に持ち込む場合は収集・運搬するための料金がかかります。

Q.不要品回収業者の相場を教えてください

A.エコノバ公式サイトで紹介されている都市圏の平均相場をご紹介します

都市軽トラック2tトラック
東京都約26,000円~約70,000円~
大阪府約25,000円~約57,000円~
神奈川県約26,000円~約57,000円~
愛知県約20,000円~約57,000円~
福岡県約11,000円~約30,000円~

これら回収費用はあくまでも目安となっています。正確な料金相場が知りたい方は、無料見積もりにて料金を比較してみることをおすすめします。

不要品回収を考えているときに役立つコラム

実際のところ近頃、不要品回収関連のトラブルの相談数が目たつようになってきているんだそうです。「不用品を回収します」とPRしながら町中を走行する不要品回収業者が身の回りを走っていて、「持ってこいのチャンスだから回収してもらうことにしよう」と思ってきちんとしたお見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)を取らないでおねがいした結果として、トラブルが勃発してしまっているとのことです。

たとえば、見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)外で引き取るものが増えた以外で、料金が増えている、見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)と違う料金請求をされた。あなたがたも安心できる業者を捜し出すようにしてみてはいかがでしょうか。町中を走行する不要品回収業者を目にするケースがあります。

「ちょうど正常に動かなくなって始末に悩んでいるから依頼しよう」と考えたりすることありますよね。お世辞ぬきでその業者は大丈夫なんでしょうか?なぜなら、詐欺に似た業者は馴染み客を創るということが出来ずPR宣伝もできないので駆け込み営業もしくはトラックで「不要な品を回収します」とPRしながら町を走行するほかないのが理由です。
よって、不要品を回収していただくのであれば、必然的にこちらから携帯電話やEメールでおねがいをしましょう。その時、複数業者より見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)をやってもらって、他社との差が広くないか見ておきましょう。あなた立ちは断捨離と称されるワードを小耳にはさんだことありますか?断捨離とは、要らないものを少なくし、日常生活に調和をもたらそうとする考え方のことであるそうです。

増えすぎた物を廃棄することから、中古買取りショップあるいは不要品回収業者を活用する可能性も大きいはずです。そのタイミングでどうしても不安になるのが処分にかかる費用になります。

片付ける数量がたくさんあればリーズナブルな定額メニューを、数量が少ないケースでも必ず片付ける物に対する査定書を出して貰い検討してみましょう。
企業によっては、買取も実施しているらしいのでビックリするくらい安い価格で抑えられることも考えられます。

新生活や引越しに伴って不要なものが出てきます。

メルカリやジモティなどといったフリマアプリを使用している人も多いでしょう。

でも、大きいものや重いものの運搬はとても大変ですよね。

なので、不要品回収業者に来てもらうのが天候が悪かろうと来てもらえる、大きい荷物をわざわざ運ばなくてよいなど簡単かつ手軽に利用できるのが便利ですよね。ここ数年は、不要品の点数や質量ごとの料金形態以外にも軽トラック、1.5tトラック1台分積み放題などの定額制プランも登場しています。



1Rくらいの部屋の規模であれば軽トラック1台分、1DKくらいの部屋の規模の場合1.5tトラック1台分が目安になります。
新生活にむけて引越しの準備をしている方もいると思います。
でも、引越しの準備って後回しにしてしまいバタバタと慌てる事も多いようです。引越し先で使う物だけは荷つくりできたけれど不要品の処分を忘れてしまっ立と言う事もあります。


行政はダメでも民間の粗大ごみ回収業者をネット検索で捜して連絡してみて下さい。幸運にも、その日に空きがあれば即日、回収に来てくれるかもしれません。
しかし、繁忙期に即日は難しいと思うので余裕を持って準備してちょうだい。



近年、「ミニマリスト」って言葉を聞いたことありますよね。
「ミニマリスト」と呼ばれているのは暮らしに絶対不可欠な必要最小限の物しか持たない、物に囚われな幾らし方の事のようです。
実のところ、仲間も行なおうとしていたんですよ。
ですが、最終的には道半ばにして終わらせたようでした。



それの理由をきき及んだところ、ベッド等のビッグな家財であったり家庭用電気製品の廃棄に悩んでしまい辞めてしまったんだそうです。

地方自治体の不要品回収に出そうと決めても早朝に出ることが多いので指定の時間帯に出せなかったり、不要品回収シールが分かりづらかっ立とのことです。
民間経営の業者だとすれば24時間取り扱っている場所もあるらしいですよ。
出産費用などで急にまとまったお金が必要になってしまい、時給の高い求人はないかと捜した経験はないですか?不要品回収の求人内容は会社によって様々ですが、日払いのところもあったので、私にはピッタリでした。

シゴトの内容も、自分から営業する訳ではなくあらかじめ連絡を頂いていた顧客のところへ行き不要品の回収作業がメインで、営業が上手にできないという方でもなんと結構そうです。

嬉しいことに短期バイトなことが多いので、急にお金が必要になっ立という時には不要品の回収のバイトを検討してみてはいかがでしょうか。



片付けることが得意ではなくどうしてもモノが増えてしまいどこかにきっかけで整理しようと覚悟してお勧めの不要品回収業者はないかと調べはじめる人が増えているそうです。



でも、やっぱり気になるのは引き取りにかかる費用です。

単品引き取りでは高くなりやすいので一気に片付けるなら定額パックを使用したほうが割安になりそうです。

部屋の広さにもよりますが、探せば1K程度の部屋なら軽トラック1台で15000円からうけてくれる業者もあります。

他には、片付ける量が多いときに助かるお手伝いがあるのかを見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)時に確認してちょうだい。
部屋の中の不用品を回収しに来てくれる不要品回収業者ですが各種の業者があって結局のところお勧めはどこなのだろうと考えました。

ネットで調べて見立ところ、まず最初に確認しておきたいのがお任せしようと考えている業者の情報をちゃんと確かめる、ということでした。

一つの例として、WEBサイトに掲さいしてある問い合わせ先が携帯の番号とフリーダイヤルだけが掲さいされているケースでは、市町村ごとに提供される一般廃棄物の許諾を得ていないこともあり得ます。その他には、費用の掲さいが不確かなケースもご注意ちょうだい。

WEBサイトを目にして、疑わしげなところがある業者については申し込まないようにしてちょうだい。近年、片付けが苦手な人が増えているそうです。その訳として「まだ、役にたつから捨てられない」「思いがけず使うことがあるかも」ということがあるみたいです。

必需品とそうでないものの判定をはっきりさせましょう。例を挙げると、パッと見て要・不要の答えを決めてしまう、何年も使用していない場合は廃棄するなど処分する基準を明らかにすることによりものが少なくなるはずです。その時には、必ず数社の業者から見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)を取るようにしましょう。

見積費用を比べてみて自分の希望条件に合致する不要品回収業者選びをしましょう。

不要品回収を利用する際のお役立ち情報

不要品回収に関する最新の専門情報はこちらからどうぞ。

不要品回収業者を一括比較!

不要品回収ならココ!